いままでの投稿   2016 3月

深田容子 個展  と お知らせ

うつわたちに寄り添うように 海保優希子さんの活ける花が添えられ やわらかな空気感でお客さまをお迎えしています。

f0083803_18575334.jpg

粉引 刷毛め 鉄釉 薄紅釉 飴釉を用いた 日常使いのうつわたちは 使うほどにしっとりと味わいが出て 存在感を増すのが容子さんのうつわは 耐熱の皿や鍋も目を引きます。
f0083803_19111295.jpg

作陶のかたわら 洋服のデザイン制作も手がける深田容子さんの服にもファンが多いのに 今回の個展での驚きでした。

4/2は 路風舎で紙芝居公演があります

時間は 12時45分〜 と 1時45分〜 の二回公演

お散歩がてら お運びください。

ご自由にごらんいただけますので。 


深田容子 個展 はじまります

深田容子さんは 陶芸の作家ですが 今回はもうひとつ+の制作で個展を。
f0083803_1956733.jpg

どうぞ お楽しみにおはこびください。
f0083803_19575636.jpg

浦安元町にも ひょっこり春が感じられますので。

28日まで 休みます

かご 高嶋美枝子展は ラタンの籠 樹皮の籠に 爽やかな初夏の風を感じながら展示空間を終えました。
次回 29日〜の 陶 深田容子展の準備のため 24(木)〜28(月)まで 休みます。
「器とちょっぴり春の服」  うつわたちには 海保優希子さんのお花を添えての展示空間に。
うつわと花‥日々の暮らしをイメージしながら どうぞお運びください。
     会期は3/29〜4/4まで。


かごのなかで

三連休の中日です。
フラワー通りは 暖かな日射しの中を お彼岸で行き交う人でにぎわっていました。
f0083803_19334430.jpg

f0083803_19344693.jpg

どんぐりのなかでは 籠談義に花が咲き 穏やかな時間が流れています
籠たちには 季節の花が。

高嶋美枝子 ラタンのかご 樹皮の籠 

暖かな陽射しを感じながら かご展がはじまります。
たくさんの籠が届き 空間展示もできました。

f0083803_192357.jpg

週末 お気に入りのかごを選びに どうぞお運びください。
f0083803_1954619.jpg


うつわ 東風寿子展 磁器と陶器

おひな祭りのような やわらかな空気感でお客さまをお迎えしながら 会期は後半になりました。
磁器と陶器の作品は 一人の作者のものとは思えないほど作風が異なり 見て 感じて 楽し です。
f0083803_19535139.jpg

f0083803_19542862.jpg

f0083803_1955317.jpg

昨夜は 雲の間から 美しい三日月を見ました。
穏やかな時間が過ごせますようにと願いながら 東風展の会期は16日(水)までです。

うつわ 東風寿子展 はじまります

冷たい雨日の搬入には 繊細に描き込まれた磁器のうつわたちが やさしく空間に広がりました。

f0083803_1982721.jpg

天井から吊るした谷原伸子さんの織り布が うつわたちに似合います。
彩りに 高嶋彩美さんの テーブルセンターやストールも うつわたちに合わせました。
どうぞ お運びください。
f0083803_1917293.jpg

路風舎にずっと置かれていた 忘れものの傘
ちょっとひろげてみましたら とても存在感のある傘です。
どなたか お忘れになっている方はいらっしゃいませんか?



7(月)〜9(水)まで準備のため休みです

陶と季展は
連日 天候にも恵まれ お客さまも途切れることなくお運びいただけました。
ありがとうございます。
f0083803_1513173.jpg

中山典子さんの建物シリーズに 季色さんの多肉植物たちがぴったりと寄り添い それぞれがまた素敵な出会いの中でおきゃくさまの元へ運ばれていき うれしい企画展でした。
10日からは 東風寿子さんのうつわ展を開催。
繊細に染め付けされた 日常使いのうつわたちは ゆったりとお運び頂き見ていただけたらと思う 5年ぶりの作品展です。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る