いままでの投稿   2016 9月

ナカジマ工房のバックたち

作家泣かせ?‥材質の異なる革の裂織りバッグは いくつか展示されました。

f0083803_15501398.jpg

オールドキリムのバッグは風格を感じます。
f0083803_15525769.jpg


服装や持ち方で表情の変わるバッグたちは 使うほどに体に寄り添い心地よく。

職人さんの技術をゆっくり見ていただける会期ですので フォーマルなバッグ 普段使いのバック お出かけバックなどを見つけに お運びください。

一点もののバックたちは とてもお求めやすい価格に設定されているのです。 


ナカジマ工房のバッグ展 はじまります

職人さんと向き合いながら 軽くて丈夫で使いやすく 素材感の楽しさをを盛り込んだバックたち。

f0083803_18212384.jpg

浅草の工房は お父さまの代から創業50年。
f0083803_18325121.jpg

革のバックは 異なる素材との組み合わせに 一点一点新鮮な発見があります。
秋のお出かけをイメージしながら 出合っていただきたいナカジマ工房のバック展にお運びください。
10/3(月)まで 12時よりオープンしています。


27日まで 休みます

TAKEMURA YOSHNORI 展 終了しました。
六日間 雨模様の多い短い会期でしたが、たくさんのお客さまにお運び頂き ありがとうございます。

f0083803_1444317.jpg

搬出後 中央にオシャレに設置されていた展示台も片付けられ、28日(水)〜はナカジマ工房のバックたち展を。
準備のため 27日(火)まで休みをいただきます。


いよいよ最終日となり

さまざまなかたちと多彩な釉の色合いに魅了される 展覧会の日々。

f0083803_21505311.jpg

路風舎に咲いた彼岸花を 竹村さんは すっとうつわに活けました。
f0083803_2201113.jpg

9/22(木)の最終日は13時〜17時までのオープンです。
f0083803_2220063.jpg

多肉植物をイメージして制作された一点もののうつわたちに 季色の植える多肉植物たちがしあわせそうに映ります。
ゆったりと見て触れていただきたい 祝日の最終日。

YOSINORI TAKEMURA meets TKIIRO展で お待ちしています。


ネーミングは聞いていないけれど

ちょっと おすすめの ティーポット。

f0083803_1246576.jpg

ゆったりと時を刻みたい 休日です。
f0083803_12482843.jpg

竹村良訓 meets 季色展にお運びください。
9/22(木)まで 13時〜19時(最終日は17時)


YOSHINORI TAKEMURA meets TOKIIRO

f0083803_1933139.jpg

9/22(木)まで 13時〜19時
f0083803_19351913.jpg

昨年に引きつづき 陶 竹村良訓展をはじめます。
今回は 季色の多肉植物を入れた花器もたくさん展示されました。
TAKEMURA YOSHINORI さんの色調に TOKIIROさんの多肉の彩りが ステキです。
週末 ふらりお運びください。

bossa nico 展 最終日

布の魅力を エプロンというかたちで表現した作品たち
f0083803_13501544.jpg

会期の日を重ねるごと 一点一点の作品たちは語りかけてくれているように 心に寄り添ってくれます。
f0083803_13571733.jpg

f0083803_1359364.jpg

吊るしたエプロンの影も美しく ありがとうの意を込めた数字の5もモチーフにしている
水野素子さんの制作表現です。bossa nico空間では 5の意をお尋ねになってください。

bossa nico 展 きょうの一枚

f0083803_21142796.jpg

オープン一番にご来店の男性おふたりは きりりと巻いてくださったエプロン姿がステキ!
bossa nicoのデザイン 素材感を楽しんでくださいました。
f0083803_21234270.jpg

エプロンやバックからは 制作の音が聞こえてくるような‥  


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る