いままでの投稿   2017 9月

お知らせ

10/2(月)まで  10/3〜の藤田完爾 私の縄文幻夢譚展

準備のため休みます。





更紗   遊牧民の手仕事展  28日(木)4時までに

事務椅子にかぶせてみた 更紗の座布団カバー
f0083803_19562641.jpg
小花模様やペイズリー柄の素敵な木綿の布たちは ちいさなサイズ〜ベットカバーくらいのものまで(円形もあります)あるので 用途によって気楽に使うことができそう。



イランハンドプリント 更紗


 木版に顔料をつけ、手作業でプリントしていきます。手作業ならではの味わいがありそれぞれの個性もあります。




会期を長くとった「遊牧民の手仕事展」でしたが 28日 4時で終えます


暑さが戻りましたが 肌寒くなる秋からの室内や ピクニックのお供などに 大活躍する敷物たちをみつけに どうぞお運びください。

遊牧民の手仕事展 キリムってなに? 25日(月)は休みです

ちいさなキリム
f0083803_20200554.jpg
中央アジアや西アジアにかけての乾燥地帯、草原地帯で生活している遊牧民が自分の家で使うために手織りで作った敷物で 絨毯より長い歴史をもつと言われています。

遊牧の単調な生活の中で、自由な発想を楽しみながら丹誠込めておるキリムは 色や模様に遊び心があり 部族のこだわりも感じます。


手仕事の持つ暖かみが 今もなお新鮮に感じられるキリムは 長く愛用できる逸品かもしれません。




25日(月)の中休みをいただき 28日(木)の4時までオープンです。


どうぞ この機会にお運びください。

ギャッベってどんなもの? 遊牧民の手仕事展

ちいさなギャッベ
f0083803_19134964.jpg
イラン西部のザクロス山脈から、南部ファース州の高原にかけて移動しながら生活している遊牧民によって織り続けられている毛足の長い絨毯をさします。
共に生活する羊から毛を刈りとり、染色する。母から娘へ継承される柄は部族によっても異なります。


織り方はペルシャ絨毯と一緒ですが ざっくりと織られたギャッベは、過酷な自然を旅する遊牧民にとっては必要不可欠な敷物で 夜具として使われ 時には家畜用の防寒具として使われています。


使われている素材はウール。ほどよく油分を含んだ羊毛は使っていくうちに だんだんツヤも出てきます。


ウール100%の敷物は 暑さの中でも涼しくお使いいただけるのです。




雨の金曜日。


お彼岸の週末は 天気に恵まれますように!



遊牧民の手仕事展 

f0083803_20150197.jpg
キャベをひろげると 楽しい世界が飛び込んできます

秋から冬に あったかな時間を お過しください

 遊牧民の手仕事展  9/20(水)は中休み

イラン 遊牧民の手仕事展は 会期の前半を過ぎました。
f0083803_19360962.jpg
週末からの三連休は 台風のこともありまして 気持ちの落ち着かない時間もありましたが おおらかな手仕事のキリムやギャベを見ていると 不思議とエネルギーがわいてきました。
f0083803_19373818.jpg
織り柄には それぞれの意味があり らくだやヤギなどの動物は(動物たちへの愛情)鳥(幸福 希望)鍵(魔除け)など 図案ボードを見ながら 一点一点を見るのも楽しい時間です。


 敷物や クッションカバー オールドキリムで仕立てたバッグたち  お気に入りをみつけに お運びください。 


21日(木)と25(月)に中休みいただき 9/28(木)まで13時〜オープンしています。


22日(金)は いつものように8時まで開けていますので 夜灯りの空間でキリムやギャベをお愉しみください。

遊牧民の手仕事展がはじまります

準備を整え キリムとギャベ空間ができました。
f0083803_18254779.jpg
あれこれひろげて ゆっくり見ていただきたいキリムやギャベは魅力的
f0083803_18273254.jpg
秋から お部屋の模様替えに おすすめのものがたくさんありますので この機会にどうぞ お運びください。

今回は 中休みが2日ありますが 28日(木)まで 会期の長い企画展にしています

9/14(木)〜遊牧民の手仕事展が入ります

たてものがたり 小田桐みやこ展は 最終日までもお客さまの途切れることなく 楽しく終了できました

表現されたたてものたちには 歴史や そこの住む人や 仕事する人 行き交う人々の呼吸が感じられるものでした。


余韻を感じる間もなく 丸一日費やした搬入展示は  あっという間に搬出されて


どんぐりはまた 新たな空間に変わります
f0083803_18251940.jpg
f0083803_18262957.jpg
展示空間で かくれんぼしていた人形たちも アトリエに帰っていきました。


ダンボールで活き活きと表現された「たてもの」や布バッグや小物たち 


小田桐みやこさんの次なる創作の広がりを見たくて またいつの日か 企画したい展示会です




あすは ギャベやキリムが届きます


「空間いっぱいにひろげたい」とイメージをふくらませる サミットさんの敷物たち




なつかしいアリさんのペルシャ展から 長い年月が経ちました


今回は サミットさんとの出会から開催する企画展となりました。


どんな敷物たちが届けられるのでしょう。


オリジナルのバッグや インテリア小物もあるようですので たのしみです。


深まる秋 冬をイメージしながら 丈夫な織物たちをみつけに お運びください。





 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る